• TOP

予備校は必要ない?通うべき人と通わなくてもいい人

「予備校は必要ない?通うべき人と通わなくてもいい人」サムネイル画像

周りの人が予備校通いだったり、予備校を複数校掛け持ちしていたりすると、「自分もいかないと遅れちゃうかな……?」不安になりますよね。 ズバリ、予備校に通うべき人もいれば、通わなくてもいい人もいるのです。 周りの人のやり方も気になってしまいますが、ひとそれぞれにあった環境や勉強法は変わってきます。 どんな学習環境や勉強法があっているのか、しっかりと自分に向き合って考えることがその後の成績を大きく変えますよ。   通うべき人①周りに大学受験する人が少ない 自分の通う学校が職業訓練を重視した専 […]

続きを読む

勉強のモチベーションが上がるおすすめの漫画5選

「勉強のモチベーションが上がるおすすめの漫画5選」サムネイル画像

たとえ勉強が好きであっても、受験勉強は志望校合格ラインとのギャップや家族との関係など勉強以外のプレッシャーや悩みもつきないものです。 自分で目標をしっかりもってモチベーションが保てるのならそれが一番よいかもしれませんが、時には気分転換にモチベーションがあがる漫画を読んでみてはいかがでしょうか。 受験漫画に限らず、夢を追いかける人の背中を押す漫画やほっこり癒され漫画などを集めてみました。 『ドラゴン桜』(三田紀房) 『ドラゴン桜』は、テレビドラマ化もされた受験漫画の金字塔ともいえる作品です。 元暴 […]

続きを読む

「反復と繰り返し」こそ王道の勉強方法!忘れがちな知識定着の原則

「「反復と繰り返し」こそ王道の勉強方法!忘れがちな知識定着の原則」サムネイル画像

「見たものすべて覚えてられたらいいのに」 「簡単に成績が上がる方法ないかな」 なんて考えてしまっていませんか? 勉強にはある程度の効率は存在しますが、とにかく勉強時間の確保と学習の反復は欠かせません。 これは脳科学でも証明されていることなのです。 脳の中で記憶をつかさどる「海馬」 脳の中で記憶との関係が深いのが「海馬」という部分です。 海馬は、太さ1cm、長さ5cmほどの甘エビ程度の大きさしかありませんが、立派な脳の一部です。 海馬がなぜ大切かというと、この海馬には脳に送られてきた情報が「大切な […]

続きを読む

古文の堅苦しいイメージが変わる!受験生のおすすめの本6選

「古文の堅苦しいイメージが変わる!受験生のおすすめの本6選」サムネイル画像

古文はセンター国語の4分の1を占めるなど、受験科目のなかでもとても大切です。 しかし、古文を現代文訳になおして読んでみても、慣れない価値観や習慣、しきたりが多く、いまいち共感でいないのではないのでしょうか。 普段の授業で取っつきにくい場合は、古文を扱ったマンガや小説などでまずその世界観にどっぷり浸かってみましょう!   『あさきゆめみし』(大和和紀) 『あさきゆめみし』は、古典で頻出の「源氏物語」を漫画化したものです。 源氏物語の54帖が忠実に描かれているので、この漫画であらすじを知っ […]

続きを読む

勉強は切りの悪い場所で終わらせろ?効率がアップする「未完のススメ」

「勉強は切りの悪い場所で終わらせろ?効率がアップする「未完のススメ」」サムネイル画像

勉強をする癖がついていなかったりすると、勉強するときについつい身構えてしまいます。 そんなときは理想ばかりが高くなって、「今日はこの章をやろう!」とキリのいい目標を立てがちです。 しかしこれは大間違い! この勉強の仕方は、「勉強めんどくさいなあ」という気持ちを増幅させるどころか、目標達成しても翌日勉強に手がのびにくくなってしまいます。 勉強のキリが悪いところで終わらせてもよいですし、その前提で勉強を始めてもよいのです! 「未完のススメ」のメリットとコツをよく理解して、普段の勉強に活かしてみましょ […]

続きを読む

大学受験の「基礎固め」で本当に大切な3つのポイント

「大学受験の「基礎固め」で本当に大切な3つのポイント」サムネイル画像

「大学受験において、1番大事なのは基礎固め」といった指導をよく耳にすることがあります。「しっかりと時間をかけて基礎を固めよう」「基礎が固まっていないうちに応用問題を解こうとするのは時間の無駄」など、とにかく基礎をおろそかにしてはいけないとされています。では、具体的に何をすれば効果的な基礎固めといえるのか、そもそも自分の基礎は固まっているのか、何となくのイメージはわかっていても、自信をもって答えられる人は意外と少ないものです。 大学受験で重要だといわれる「基礎固め」を考えるうえで大切な3つのポイン […]

続きを読む

大学受験で予備校にいつから行くか、その正解は?

「大学受験で予備校にいつから行くか、その正解は?」サムネイル画像

大学受験の対策で、塾や予備校へ通っている受験生、またはこれから通おうかと考えている受験生は少なくないでしょう。高校へ入学した段階から予備校へ通い始める人がいる一方で、受験生になってから通い始めたり、予備校へは行かずに受験して、志望校へ合格する人がいるのも事実です。 大学受験のために予備校へ行くのは、いつからが正解なのでしょうか。やはり予備校へは行った方がよいのか、塾だけではダメなのか、そもそも予備校へ行くことが正解なのか?などについても見てみましょう。   「予備校にいつから行くか」を […]

続きを読む

数学の教科書の隅まで理解する!定理の証明まで身につけないといけない理由

「数学の教科書の隅まで理解する!定理の証明まで身につけないといけない理由」サムネイル画像

数学が苦手なあなたも、 数学が得意なあなたも、 なんの疑問も持たずに公式を乱用してませんか? たとえば、問題演習で何度も使う三角関数の加法定理、自力で証明できますか? 確かに問題・解答パターンをひたすら数多く覚えればたいていの問題に対応できるようになります。 しかしその場合、せっかくの論理的思考を育てる数学が「暗記科目」に陥ってしまうのです。 そしてそんな焼き付け刃の勉強方法、受験当日に罠が待ちかまえているかもしれませんよ。 定理・公式の証明は必要? 「とにかくすぐに数学の点数を上げたい!」とい […]

続きを読む

もう「白い悪魔」をため込まない!通信講座の取り組み方

「もう「白い悪魔」をため込まない!通信講座の取り組み方」サムネイル画像

私は受験時代Z会の通信講座を受講していました。 問題の質も添削の質も高かったのですが、唯一の問題が「通信講座をため込んでしまう!」ことでした。 Z会の生徒間ではため込んだ白紙の解答用紙を「白い悪魔」と呼んでいます。 今回は締め切りが近づくにつれて迫り来る「白い悪魔」との戦い方を伝授します!   独学よりも添削の方が延びる科目も多い! そもそも高校の勉強や受験勉強において、独学ではどうしても限界があるものがあります。 英作文は減点法で文法ミスなどで減点していきますが、自己採点ではなかなか […]

続きを読む

「筆者の心情を答えなさい」問題に意味はあるの?実は論理的だった長文読解

「「筆者の心情を答えなさい」問題に意味はあるの?実は論理的だった長文読解」サムネイル画像

「小説の解釈なんて人それぞれなんだから、対策なんてできっこないよ。」 と思っていませんか。 あるいは「私は小説にあんまり感情移入できないから問題が解けないんだよね。」 と思いこんでいませんか。 実は小説問題の解き方はとても論理的ですし、感情移入しないほうがきちんと解けるのです! 小説問題に対する正しい取り組み方を身につけましょう!   感情移入は絶対にタブー! まずよくある間違いとしては「感情移入」があります。 出題された主人公に、似たような経験など自分との共通点を見つけてしまうと感情 […]

続きを読む

10 / 19« 先頭...1011...最後 »

人気記事一覧

最新記事一覧

カテゴリー

月別アーカイブ